FTTA and RRH
Wireless Network Extension
Browse the flyer
 

FTTA/RRH/DAS:新しいワイヤレスネットワークの拡張


 

スペクトルを追加したり、LTE(Long-Time Evolution; ロングタームエボリューション)ネットワークの導入を行っても、モバイルネットワークの地理的な領域の一部では、マクロレイヤが供給する容量を需要が超えると予測されています。

到達が困難な場所へネットワークを拡大するため、無線プロバイダはRRH(Remote Radio Heads; リモート無線ヘッド)、DAS(Distributed Antenna Systems; 分散アンテナシステム)、その他スモールセルの代替方法など、別のインフラストラクチャの展開に移行しつつありますが、これらのほとんどは光ファイバをベースにしています。

無線以外に必要となるテスト

物理レイヤおよびトランスポートレイヤは依然としてネットワークの基礎であるため、次のような目的のためには適切なテストが必要です。

  • システムを認証し、将来の参照のためドキュメント化する
  • ネットワークが伝送システムの要件(基準)を満たしていることを保証する
  • システムの使用開始時の遅延と、コストを要する修理を回避する

 

テストの主要な考慮事項 行うべき作業 必要となるツール
コネクタエンドフェイスの清浄性 視覚的な検査を行い、汚れた、または破損したコネクタを検出し、必要に応じて洗浄する
光ファイバリンクのキャラクタライゼーション マクロベンド、スプライス、不良コネクタ、光ファイバの破損など、
トータルバジェット損失(dB)に影響する可能性があるものをすべて調べる
トランスポートの検証 BERテストおよびレイテンシ測定により、3.1 Gbit/sまでのCPRIとOBSAIを検証する

 

詳細は下記のテーマをクリックしてください。

 

 

セルタワーに帯域幅の接続を可能にするためには、オペレータは、基地局をバックホールに接続し、RRHを基地局へ接続する光ファイバに頼らざるを得ません。

通常、新しいセルタワーを設置する場合、光ファイバは基地局からRRH(つまり、アンテナの先端)まで通ります。また、膨大な数のセルサイトがすでに存在しているため、オペレータは、基地局からRRHまで、古い同軸ケーブルを光ファイバと取り換えてセルサイトをアップグレードすることもできます。ほとんどの場合、オペレータは、設置と保守を専門とする業者を使うことになります。

主要な考慮事項と課題
  • タワー作業者や修理工の派遣は大変高コストで、繰り返し作業は実質不可能である。
  • 銅やRFの経験者を採用しても、光ファイバテストの知識が少ない。トレーニング不足が初歩的なエラー、不正確な結果の解釈などの問題につながる。
  • ニュートラルホストコンセプト:タワーは無線スペクトルを通信会社にレンタルしている会社が運営していることが多い。オフラインのタワーは非常に多くのコストを消費する(SLAを満たすために)。

 

 

DAS(Distributed Antenna Systems; 分散アンテナシステム)は空間的に分離されたアンテナノードで、トランスポート媒体(光ファイバ)により共通のソースへ接続され、地理的な領域または構造物内で無線サービスを提供します。DASアンテナの高度は一般に、クラッタレベルと同じ、またはより下で、ノードは大きな設置面積を必要としません。

光ファイバを使用する他のスモールセルインフラストラクチャにも、同様のネットワーク設計が見られます。

主要な考慮事項と課題
  • 期限が非常に短い:通信会社とオペレータは、このカバー範囲拡大を可能な限り早く実現するため、競争しています。契約者は経験の浅い技術者を雇う必要がありますが、トレーニングに費やせる時間はわずかしかありません。
  • 土地やビルの所有者との契約が必要で、設置の問題が起きない(美観の考慮、効率、ビルの使用中断やアクセスの制限は最小にすることなど)ことも要求されます。
  • DASは複数のキャリアとマルチサービスのプラットフォーム(GSM、CDMA、HSDPAなど)をサポート可能なため、展開とプロセスについて高いレベルの標準化が必要です。

 

 

 

関連リソース

 
ソート条件:
12345678910
 

Three easy steps for a perfect match: choose your network application, choose your form factor and choose your technology. Get specific test solutions for specific contexts.

ハードコピーの請求
最新アップデート: 2017-07-25




12345678910