無線ネットワークのロードマップ
EXFOのCEOのビデオを見る
 
Wireless services are attracting more and more subscribers
 
 
目標:顧客が期待する、有線と同様のQoEを提供し、同時に利益を維持すること
 
 

無線ネットワーク:ユーザ環境の最適化

契約者の数が増加し、より帯域幅の高いサービスへのニーズが増大するにつれ、無線ネットワークオペレータは、無線サービスを使用している顧客に対して、固定の有線サービスと同等に高度なQoE(Quality of Experience; 体感品質)を提供しながら、同時に収益性も維持するという課題に直面しています。

無線ネットワークオペレータは、多くの帯域幅を必要とするコンテンツやアプリケーションにおいてユーザ体験の大きな向上を約束する4Gテクノロジ、主にLTE(Long-Term Evolution; ロング・ターム・エボリューション)へ移行しつつあります。

さらに、4GのAll-IPネットワークアーキテクチャはエンドツーエンドのQoS(Quality of Service; サービス品質)、スペクトルの効率性、帯域幅の柔軟性を提供し、ネットワークの総合的な経済性を向上し、ユーザ環境を劇的に改良できます。

4Gネットワークが配備されるにつれ、相互運用性とパフォーマンスのテストや監視は、オペレータが競合力を維持し、収益性を改善する能力に大きな影響を及ぼします。パフォーマンス、サービス配信、QoE(Quality of Experience; 体感品質)を保証するには、完全な可視性と、主要なインタフェースへのアクセスが不可欠です。

LTEネットワークライフサイクルテストおよび監視の、前例のない速度と正確性

4Gネットワークで収益を得るには、All-IP環境で、QoSおよびエンドツーエンドIPセッションのパフォーマンスを保証することが不可欠です。送信と信号プレーンに特化したテストから、ユーザプレーンとアプリケーションも含むテストへ移行する必要があり、そのためにはIPアプリケーションの解析と、エレメントやサービスを追跡する能力が必要となります。

EXFOのソリューションは、オペレータが、アプリケーションがどのように実行されているかを追跡して、それぞれの契約者向けに優れた環境を確立するのに役立ちます。真のマルチプレイをサポートする高度な製品に対して、EXFOの単純で投資対効果の高いソリューションは、LTEネットワークサービスの最初のロールアウトから使用開始、トラブルシューティング、監視について、ライフサイクル全体にわたって完全なテスト、監視、アシュアランスを提供します。どのようなサービスでも、これらの恩恵を受けられます。

EXFOは何十年にもわたる革新を活用し、テストサイクルの自己実行や包括的なQoSテストスイートなど独自の機能により生産性を向上する、破壊的なソリューションを提供し、現地の関係者が、従来は何時間も必要としたテストサイクルを数分で完了できるようにします。

ネットワークでサポートしているのが音声、ビデオ、データ、モバイルサービスのどれであっても、EXFOによってOPEXの低減とCAPEXの削減を達成し、自社のサービスが競合他社のものよりも優れていることを証明できます。

すべてのAll-IP環境で
LTEのQoSとQoEを
保証します

  • 高度な機能・負荷・相互運用性のテストにより、次世代ネットワーク機器を完全に活用できます
  • 拡張性が高く携帯できるマルチユーザシステム
  • 高パフォーマンスのパケットキャプチャの加速、マルチテクノロジ(2G/3G/LTE)分析の完全化、トレースの呼び出し
  • 特定のアプリケーションのQoSパラメータを測定する
  • コントロールとユーザの両方のプレーンのアプリケーションを解析し、インタフェース間でデータを相互に関連付ける
  • EtherSAM(Y.1564)など標準のテスト手法を使用して、最高レベルの正確性で、イーサネットパフォーマンスとSLA(Service-Level Agreement; サービスレベル契約)を迅速に検証する
  • すべてのサービス(音声、ビデオ、データ、モバイル)に固有のKPI(Key Performance Indicators; 主要パフォーマンス指標)の定義、評価、監視
  • 契約者をベースとするKQI(Key Quality Indicators; 主要品質指標)をネットワーク全体にわたって把握し、詳細なトラブルシューティングを実行する